wx02はキャンペーンで契約するのがお得

wx02をキャンペーンで契約できるプロバイダーはどこ

Speed Wi-Fi NEXT WX02が発売開始

Speed wi-fi netx wx02が発売開始されました。NECグループ制で国産のwimaxルーターになります。wx01からはマイナーチェンジのような位置づけになるでしょうか。

4x4MIMOの通信技術を利用して、下り速度は最大220Mbpsの速度を誇る端末。WX01の時から速度が変わっていないのが少し残念。ただ、これはUQ WiMAXの拡張の問題でもあるので仕方ないとは思います。

2015年1月の発表会時点では(参照:http://www.uqwimax.jp/service/information/201501151.html)は2016年以降に8x8MiMOの技術を導入して440Mbps化していく話がありましたが、発表会では4x4MIMOとキャリアグリゲーションの組み合わせで440Mbps以上の速度に対応していくようなので、ちょっと計画が変更になっているのかもしれません。

次の機種wimax wx03になるのかはわかりませんが、その当たりから440Mbpsになっていくのではないかと思われます。

東京オリンピックが開幕する2020年には1Gbpsまで下り速度を上げるようですからその点は期待できるはずです。

こうした背景もあってWX02は現在のWX01のマイナーチェンジという位置づけになるかもしれません。大きく機能が変化したというよりはWX01の機能を少し改善したルーターになります。

WX02の主な機能

主な機能は下り最大220Mbps対応の高速モバイルルーターであることに変わりありません。駅での実測値では110Mbpsを超える場所もあります。有る意味、光回線より速いです。UQ WiMAX 2+ WX01 通信テスト:4x4 MIMO 下り最大220Mbps対応の実力、品川・秋葉原・新橋で110Mbps超を目指す - Engadget Japanese

この機能は継続されつつ、追加された機能は2つ。

  • 3日通信量が確認可能に
  • バッテリーが長持ちに

wx01の端末では月間のトータル通信量は確認できても、直近3日間の制限までは確認できませんでした。これはプロバイダー経由で契約をしていると3日の通信量は確認することができないために、速度制限がかかったときに、いつまで継続されるのかが分からない状態になります。

速度が5Mbps程度は出るといっても、通常速度よりは遅いでできれば解除されるタイミングを知りたいものです。それが端末に搭載されたで、簡単に確認できるのは便利。一方でこの制限が無くなることはないこともハッキリわかりました。

現在UQ WiMAXの速度制限は暫定的な据え置き処置の最中なんで最終的にどうなるかわからないところがつらいですね。なるべく速く結論をだして欲しいところです。

バッテリーの長持ち具合はそれほど大きな変化ではなく10%程度の改善といったところでしょうか。それでもハイパワーモードで利用して1時間長く使えるのは大きいです。

ルーターのバッテリーがもたなかったら本末転倒ですから。hwd14やnad11を初期で購入している人は更新づきのタイミングがあえば買い替えをオススメします。従来の端末は遅いですから。ただwx01やw01を契約しているなら途中解約してまで現在の新端末に飛びつく必要もないでしょう。

次の440Mbpsを見据えて機種変更を検討したほうがいいはずです。wx02 キャンペーン情報をみても、2015年11月のキャンペーンにはあまりプロバイダーも乗り気じゃないようで、GMOとくとくBBやSo−netくらいしかキャンペーン商品に追加していません。

となると、契約するのは12月以降のキャンペーンでしょうね。そこを狙うと全プロバイダーから商品がでてくるんではないでしょうか。wx01やw01をいまさら契約しても仕方がないので、wx02がいいです。w01の後継はまだなんでしょうか。

トップに戻る